2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

八百比丘尼

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/01 23:51 ID:d3LLS/pf
お里という17歳の美しい少女が、経ヶ峰の中腹にある草生の里(安濃町草生地区)に住んでいたそうだ。
ある日お里は、里の無尽講の御馳走に出された人魚の肉を食べてしまった。
それ以来、彼女は歳をとらなくなったという。
いつまでも若く美しい少女を、里人はうらやましがった。
が、ときが流れるにつれ、いぶかしむ者もでてきて、化け物ではないかといううわさも広がった。
村にいづらくなったお里は、ひとりさびしく村を去った。
その後、お里は若狭などの諸国を放浪し、何百年かのちに故郷の草生に戻り、その地で亡くなったという。

「黄金の鶏と縄とを朝日照る、
夕日輝く二つ葉のもとに埋めたれば、
他日草生衰亡の時来たらばこれを掘り出せ。」

という不思議な遺言を残して、長すぎた生涯を終えたと伝えられている。


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/01 23:53 ID:mh0sk6aG
漫画の「火の鳥」にも出てたな。
怖い話だった

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/01 23:57 ID:d3LLS/pf
火の鳥は気まぐれすぎ
なんで一人しか殺してない娘にあんな罰を与えるんだ

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:00 ID:07N3mIFA
星野之宣の妖女伝説にも八百比丘尼が絡んだ話があった。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:05 ID:dY2OHHJo
八百比丘尼のもっと詳しいはなしが知りたい
無限の住人にも出てきたよね


6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:10 ID:SELKGol2
↓ぬーべーに出てきた比丘尼キボン

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:21 ID:dY2OHHJo
結局八百比丘尼ってのは何者だったんだろう?
なぜ人魚の肉を食わされたのだろう

8 :れなどでごった返した。 ◆4n5xhb1NJ. :04/05/02 00:24 ID:SBmes0/P
>>7
俺は人魚の肉より、
なぜ年取らなかったかの方に興味があるな

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:27 ID:dY2OHHJo
人魚の肉食うと不死になるっちゅう話は結構聞くけどな
仙人の桃みたいに

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:27 ID:nZ+1Coe1
>>8

人魚の肉には、不老不死の力があると言われている
ダカラ、見た目年も取らないそうだ。

                   by 高橋留美子 「人魚の森」

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:28 ID:nZ+1Coe1
ケコーンしますた。


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:29 ID:dY2OHHJo
人魚一匹裁いたならお里一人で全部食えるっちゅうこたぁないしなぁ
他の肉は誰も食わんかったのか

13 :れなどでごった返した。 ◆4n5xhb1NJ. :04/05/02 00:29 ID:SBmes0/P
>>10
いやでもこれって作り話だけど、
それに近い実話があったんだろ?
八百比丘尼って結構年取っても17に見えたって
すげーよな

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:53 ID:aBEv0mD3
楳図かずおの「おろち」もこの系統なのだろうか?

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 00:55 ID:tMsG4YkY
どっかの寺に保存されてた人魚のミイラって
やっぱ作りもんなの?

作りもんだとしてもあの顔の造形は凄い迫力。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 01:08 ID:nZ+1Coe1
>>15

どっかの番組で検証していたが
上半身は、サルの子で、下半身は魚だったような・・・




17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 01:32 ID:tMsG4YkY
なるほど。しかしどうやって作ったんだろ。
無理矢理チカラワザで繋げたんかな。

18 :酋☆長 ◆WorldGOSVg :04/05/02 01:36 ID:F3o0ce+p
八百比丘尼の伝説は日本各地にあるよね。
比丘尼は諸国を行脚したのかな?
>>5
むげにんの比丘尼は人魚の肉食ってねーなw

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 02:19 ID:dY2OHHJo
人魚のミイラはサルと鯉のミイラをつなぎ合わせたバッタモンだよ

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 02:28 ID:NxUYdMQ+
>>17
セロテープじゃね?

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 02:42 ID:qoP979/Z
山岸涼子のマンガにもあったな。人魚が人間を食べるから若く美しくいられる、っつー話。陰陽師にもそんな話が。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 03:00 ID:dY2OHHJo
相互リンク
人魚伝説
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1080319654/l50

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 03:46 ID:DYszHXGW
>>14
「イアラ」じゃなくて?

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 09:46 ID:o1pbQGF5
屁負比丘尼

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 11:10 ID:dY2OHHJo
私ですが、何か?

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 12:05 ID:A2IacOzk
エロ話とは切っても切り離せないよね。

27 :酋☆長 ◆WorldGOSVg :04/05/02 12:06 ID:F3o0ce+p
>>26
比丘尼だもん、しょうがないよ。
ビキニににてるだろ?

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/02 12:58 ID:RrmANLG9
人魚と見間違えられることの多いとされるジュゴンやマナティなんかの水生動物も
その肉はなんらかの効能があるとされて乱獲されて現在、
絶滅寸前になっていると聞いた。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/03 18:31 ID:TU7S+bo7
あがります

30 :ダヌル・ウェブスター:04/05/03 20:40 ID:gy1Wbx6e
>星野之宣の妖女伝説にも八百比丘尼が絡んだ話があった。

あの漫画、好きだ。



31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/03 23:47 ID:LUqCRFaO
不老不死が経口投与で実現する訳無い時点でどうでもいい話。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/04 00:34 ID:a0SOWPAd
それより、
「黄金の鶏と縄とを朝日照る、
夕日輝く二つ葉のもとに埋めたれば、
他日草生衰亡の時来たらばこれを掘り出せ。」
っていう遺言の意味はなに?
これって宝のありかを示した暗号なんじゃ(*´Д`)

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/04 01:54 ID:tA2h7g8o
残念宝はもう俺が見つけた

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/04 23:55 ID:6ERewWMG
>>33
どこにあったの?
そしてなんだったの?

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 16:08 ID:AtugcWAD
age

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 18:48 ID:njB3aQ43
奇形児を見たことはありますか? これは北海道の網走市であった話です。
古塚美枝さん(当時23) は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。
しかしその夫は働こうとせず、酒に溺れる毎日、そして酔うと必ず美枝さんに
暴力を振るいました。83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。
原因は妊娠によるつわりなどでした。売春婦であった美枝さんは、
まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事を確信し、
早く報告しようと急いで帰りました。しかし夫は自分の子とは信じず、
中絶を命じました。 それから5ケ月。結局美枝さんは中絶を拒み、
生むことを決意しましたが、夫は従わなかった事を不満に思い、
さらに暴力を振っていました。 そしてその日夫は美枝さんの腹部に
膝蹴りをしました。する と、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。
そして美枝さんは崩れ落ち、声にもならない 様なうめき声で唸りながら
........流産でした。夫は慌てて家を飛び出して行きました。何故?
それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。目はあべこべに付き、
片方の目は眉毛の上に付いていました。鼻はだらしなく直角に曲がり、
口なんぞは縦向きに、しかも耳のつけねから裂け目の 様に付いていました。
動きもせず、ただこちらを眺めていました。 それからどうなったかは分かりません。
ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。
うしろで何か気を感じても振り向いて いけません。
それはあの子があなたを眺めているから。 10分以内にこれを
掲示板の5箇所に貼らなければそのままあの子は離れて行きません。
お気を付けて。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/05/06 18:50 ID:xufmWXNT
「人魚」ってのはあだ名で、やっぱ何かの肉なんではないの?たぶん海の生物。

38 :泥棒 ◆3damiuO0qQ :04/05/07 00:47 ID:eSXuz5h1
〓 転載 〓

八百屋の語源は、ストレートに「野菜」を扱う事から来ています。
今も一部では言いますが野菜の事を「青物」と呼ぶ処から
「青物屋」→「青屋:あおや」と呼ばれるようになった物が
現在の「やおや」と言う名前になったと言われています。

しかし漢字で書くときに「八百屋」と表すのは、大昔の八百屋は
野菜以外の色々な商品を扱っていた為に「たくさん」と言う意味のある
「八百」と言う字を当てたのではと言われています。

この「八百」は「嘘八百」や「江戸八百八町」などでも同じように
「たくさん」と言う意味で使用されています。
日本の古来よりの信仰で「どんな物にも神様がいる」と言うことで
「八百万の神:やおよろずのかみ」と言う事も言います。

これは「たくさん」というのは「繁栄している」に通じるために
「末広がりで縁起がいい」「八」が使われているという説があります。

39 :泥棒 ◆3damiuO0qQ :04/05/07 00:49 ID:eSXuz5h1
〓 転載1 〓

八百比丘尼(やおびくに)
(上本郷の七不思議より) ※千葉県松戸市

むかーし、風早神社の近くに六軒の農家があった。
ある日、村の長者どんがそこのお百姓さん六人を屋敷にまねいたんだと。
「みなさんよくお出で下さった。さあ、今日は遠慮なく食事して下され。」

みんなはごちそうが出来るのを楽しみに待っていた。
だが、おなかをすかせた一番の食いしん坊の男が厠(便所)から
もどるとき、たまらなくなって台所をのぞいてみた。
「長者どん、いったい何をごちそうしてくれるんだべか?
きっとすげぇごちそうを下さるにちがいない。」 そっとのぞいて見て、びっくり!

台所では人魚の肉を料理しているではありませんか。
これにはその男もびっくり。
男はその事を仲間に知らせた。
「人魚の肉とは気味が悪い。断わるわけにもいかねぇから、
家に持って帰るふりをして、途中ですてっちまおう」

ところが六人のうち一人だけ耳の遠い男がいてのう。
みんなの話がよく聞こえなかったんじゃ。
事情を知らないその男は、長者どんの家で出された
ごちそうをそっくり家に持って帰ったんじゃよ。

40 :泥棒 ◆3damiuO0qQ :04/05/07 00:50 ID:eSXuz5h1
〓 転載2 〓

その男には若くて美しい娘がいたんじゃ。
男はさっそく娘に料理を食べさせたんじゃよ。
むかしから人魚の肉というのは、食べると年を取らないと言われておる。
その娘もそれからほとんど年を取ることもなく、
いつまでも若く美しいままでいたんじゃ。


人びとはそんな娘をたいそう気味悪がっての。
かわいそうに娘は、この土地に住めなくなり、
遠く若狭の国(福井県)へ行って尼さんになった
んだそうじゃ。

ある日、若狭を旅していた千駄堀の人が、八百歳
になって、さすがに年を取ったこの娘に会って、
そんな話をきいたんだそうじゃが・・・。

41 :オカルト滅殺隊:04/05/07 02:09 ID:7p1cl0OV
>>38
>「末広がりで縁起がいい」「八」が使われているという説があります。
ちょっとまて、
漢字伝来以前はどうだったんだ?

八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作るその八重垣を
(スサノオ)

文字などなかった神代の昔から「八」が愛用されてるが?

42 :泥棒 ◆3damiuO0qQ :04/05/08 01:27 ID:qZNQrK6T
〓 転載 〓

少女の時に人魚の肉を食べたために、800年も生きてしまったという八百比丘尼。
彼女がさいごにこもって死んだということになっている岩屋です。
福井県小浜市の、法印寺という曹洞宗の寺にあります。
ttp://home.att.ne.jp/red/sronin/_dejikame/photo/bikuni.jpg

43 :泥棒 ◆3damiuO0qQ :04/05/08 01:28 ID:qZNQrK6T
〓 転載 〓

八百比丘尼(はっぴゃくびくに)
※ 愛知県春日井市

白山町円福寺裏の観音堂への参道横に小さなお堂があり、
木彫りの仏様が祀られていた。
この仏様にまつわる次のような話が伝えられている。

その昔、春日井あたりは海だった。
ある日、漁師が沖の方で一匹の珍しい魚を捕ってきた。
世間で言う人魚の形をしていたので、「食ってはいかん」と放っておいた。
そこへ通りがかった白い着物を着た老人が、「庚申(こうじん)様に珍しい魚を供えれば
ご利益がある」と教えたので、早速その晩庚申祭を開いて、珍しい魚を供えた。
ところが、乳母と一緒に遊んでいた一人の女の子が、
口がいやしいので知らない内に人魚の肉を一口食べてしまった。

その女の子は成長して美しい娘になったが、不思議なことにいつまでたっても年を取らず、
とうとう八百歳になってしまった。
長い間に知っている人は次々と死んでしまい、世の中の様子も変わるのに、
自分は若いときのままである。寂しくなった娘は、髪を剃って洞穴に入ってしまった。
洞穴の中からはしばらくの間は念仏が聞こえていたが、そのうちに聞こえなくなった。
村の衆の言い伝えによると、この洞穴は若狭(わかさ)の国(福井県)まで続いているという。

「八百比丘尼」の伝説は福井県の小浜を中心に全国に残っており、
この地方でも一宮、犬山、知多などに伝えられているという。

44 :泥棒 ◆3damiuO0qQ :04/05/08 01:29 ID:qZNQrK6T
八尾比丘尼について
http://academy.2ch.net/min/kako/996/996978211.html

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)