2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

雨にまつわる怖い話

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 15:16 ID:LVdYBKG4
ある雨の日、憂鬱気味に部屋で本を読んでる男がいました
雨が降っているので外出するのをやめ一人で本読んでたんです
日曜日のことでした
そんなとき、一本の電話がかかってきました
男は本も気になるし出るのも億劫なんで、無視することにした
けど、電話は鳴り止まない
何度も何度も何度も掛かってくる
だんだんと本に集中できなくなってきたのでとることにしました

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 15:18 ID:+xVErpr/
2(σ゜∀゜)σゲッツ!!

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 15:25 ID:sGCx0RB+
>>1
ガイシュツ

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 15:32 ID:Mce/0i15
┌───────────────────
│あ、どうもスイマセン、>>1がお騒がせしました・・・
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ) >>1
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |
              ∪∪


5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 16:55 ID:3PNtRcq/
がんがれ!!

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 16:56 ID:3PNtRcq/
┌───────────────────
│つまらんネタですわ・・スレ違い!
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ) >>1
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |


7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 17:23 ID:wcJB3Y1O
>>1が立てたスレで>>1がスレ違ったケースをはじめて見た。

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 19:41 ID:8tPRTODf
今日が雨だったから思い付いたんだな。

黄金厨にはまだ早いと思うのだが…。

9 :その世からの書きこみ ◆SX2Qs06VuE :04/04/27 20:55 ID:kBXGjsvL
>>8
黄金厨って誰だ?

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 21:05 ID:hIMLXKik
於黄金週間湧厨房

11 :うんちくん:04/04/28 23:38 ID:9Q8w8SPO
さかなが、空から降ってくる事、あるよ

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 00:20 ID:NtxZsWyU
雨にまつわる恐ろしい話をしてやろうか?
多分、雨系では最強クラスだと思う。
ただ俺は文章を書くのが下手だから恐さが伝わるかどうか・・・

13 :12:04/04/29 00:22 ID:NtxZsWyU
やっぱやめた
なんか眠い

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 03:05 ID:5G/0ebs9
雨ってなんか気味悪いってのはあるかも・・・

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 05:02 ID:+A7k/I6v
雨の日は
ナメクジおばさんが
出るんだよ

16 :さの死蝋 ◆WhpEztJj9g :04/04/29 06:13 ID:Ttv9KmiJ
蛙小父さんも忘れないように。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 06:19 ID:XErcE3Jr
蝸牛兄さんも忘れないように。

18 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :04/04/29 07:06 ID:nmtcUKgU
その昔の大型台風で町が水浸しなった時、水が膝の上まで
来ている道路を歩いていると、前方に友人がいる。
驚いたのは彼が胸まで水に漬かっている事。
「こっち深いぞ。危ないから来るな」
などと言っているが、緊迫感がない。

案の定、しゃがみ込んでいやがった。
まあ、それなりに面白かったので俺も仲間に加わった。

19 :雨男の話(さたな きあ本より):04/04/29 07:30 ID:qoLSCaZS
どんよりとした曇り空の夕方、ある学生街の一室で二人の男子学生が、
とりとめのない話をしていた。

「今にも、降り出しそうだなあ」

窓際の壁にもたれかかっていた先輩の方が、ちらっと窓の外を見てそう言った。

「雨ですか?」

「ああ、雨だ」

狭い部屋の中で、何度か留年をくりかえしてだいぶん年長の先輩は、がりがり
と髪を掻いてからこんなことを言い出した。

「雨といえばな」

「はあ」

「雨の夜になると、この窓の下を男が通るんだ」

その部屋は二階にあって、窓の下には細い道が建物にはさまれて通っていた。

「男が、ですか?」

小柄で童顔の後輩は、ちょっと気が抜けたような声を出した。
道が通っているのなら、男でも女でも犬でも猫でも通るだろう。
男が雨の夜に通ったからといって、それがどうしたというのか--そんな声だった。
けれども先輩の方は、いっこうに後輩の口調にはかまわなかった。


20 :雨男の話:04/04/29 07:31 ID:qoLSCaZS
「男なんだ。雨の夜にこうやって」

先輩は、窓のところに行ってガラス戸をからからと開け、レールの上
に腰をおろした。

「ここに座って窓の下を見ていると、かならず通る。青い靴に青い服を
着ていてな。傘もささずに歩いていく」

「はあ」

「このあたりは街灯がないだろ。そいつがやってくると、ぼうっとした青い
火の玉みたいに見えるんだ。そして、足音もたてずにすーっとこの下を通って
、向こうにいっちまう」

「変わった人間ですね」

「変わった人間・・・?」

先輩はなぜか、そこでうっすらと笑った。

「・・・うん。そうだ。変わっている。それでな。そいつがこの下を通る
のは、一晩に一回だけじゃあない。しんぼう強く待っていると--そうだな。
一時間に三回くらいは通るんだ。同じやつだ。間違いない。そいつがこの下を
通って、どこかに行くんだ。こっちから向こうへ。またこっちから向こうへ」

先輩はそこで、いったん息をついだ。

「何度も何度もな」

21 :雨男の話:04/04/29 07:32 ID:qoLSCaZS
「へえ・・・」

後輩は今度は関心したような声を漏らすと、しばらく何も言わなかった。
同じ行動を飽きることなくくりかえす、変わった人間に対して感心したのか。
それともその変わった人間を、これまたしんぼう強く待ち続ける、先輩の方に
感心したのか--それはわからなかったけれども。
先輩の方も、しばらく何も言わなかった。
かさかさと、暗い部屋のどこかで音がした。
目を上にあげると、黒い虫が天井を、まだつけていない電灯の方に這っていく
ところだった。
虫というよりは、黒い小さな影のようだ。

「・・・この道な」

からからからから
先輩は、ガラス戸を元のように閉めながら、あいかわらずたんたんとした
口調で再び口を開いた。

「この道な。一本道なんだ」

「知ってますよ」


22 :雨男の話 完:04/04/29 07:33 ID:qoLSCaZS
「突き当たりは行き止まりで、この先は枝道もない。両側は建物の壁で、
乗り越えられる塀もない」

「そうなんですか」

「あの、なんべんも見かける青い服の男--いったんつきあたりまで行
ってから、どうやってここに戻ってくるのかな。・・・・え?」

「・・・・・・・・」

落ち着いていた後輩の顔に、先輩の話しへの理解の色が広がっていくその
かわりに、彼の落ち着きはどんどんなくなっていくようだった。
もう部屋の中はすっかり暗くなっていて、先輩の顔は窓際にいるにもかかわらず
ほとんど見えない。
そのほとんど見えないもくもくとした影は、うっそりと笑ったようだった。

「な。変わっているだろ・・・・?」

さーっとかすかな音がして、外はいよいよ小雨がぱらつきはじめたようだ。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 07:38 ID:XErcE3Jr
え〜尻切れじゃ〜ん
でも個人的にこの文体好きだ


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 07:44 ID:qoLSCaZS
これを読んだとき、雨男より先輩の方が怖いぞ!とか思ってしまった。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 07:51 ID:XErcE3Jr
なんか先輩と後輩のやり取り、
明治時代の文豪が描くような人物像だね

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/29 10:36 ID:RDGsTXND
>>25私もおもた

27 :(s・。・s):04/04/29 10:37 ID:GL1qVPcY
『雨』と言えば『雨女』
詳しくは『地獄先生ぬ〜べ〜』を見てください


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)